スポンサーサイト

  • 2016.08.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    歯科医院の器具は本当にきれいなの?

    • 2016.08.10 Wednesday
    • 18:04

    2014年5月19日の読売新聞に歯を削る機器 7割使い回し・・・院内感染懸念

    という記事が掲載されました。

     

    あれから2年が経ちますが歯科医院の滅菌は改善されているのでしょうか。

     

     

     

     

    参考 読売新聞記事 2014年5月19日
    ★歯削る機器 7割使い回し…院内感染懸念

     歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

     患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

     調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

     調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。

     滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。

     別の県でも同じ調査を07〜13年に4回行い、使い回しは平均71%だった。

     

    2年前の新聞記事では歯を削る医療機器の滅菌についてのみでしたが、歯科医院ではいつも使うミラーやピンセットなどの器具から、歯を削ったりするドリルなど多くの器具、機材があります。

     

    当院では開業時から滅菌のガイドラインに沿った滅菌・消毒を行ってきました。

     

    今回、当院ではより患者さんに『安全で安心できる環境で治療をして欲しい』という考えのもと、世界水準の滅菌システムを導入いたしました。

     

     

     

     

    院内感染予防と患者さん・術者の安全のための柳町岡崎歯科医院のこだわりです。

     

     

     

    日本歯科審美学会で発表を行いました。

    • 2016.04.11 Monday
    • 13:12
    柳町岡崎歯科医院 院長 岡崎考亮が2016年4月10日に富山県歯科医療総合センターで開催される日本歯科審美学会でが講演ししました。

    今回、歯科審美の知識・技術それに付随する器材・器具などの情報を伝え、北陸地方の熱心な臨床家の先生方、歯科衛生士さん、歯科技工士さんとの交流を通してより本学会の活動を理解していただくために、本学会の先生方との講演と富山県を中心として活動している先生方の症例発表を交えながら歯科審美の臨床につい て語り合うことを目的としておくなわれるセミナーでした。

    認定医、認定士を目指されている歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、あるいは、これから日本歯科審美学会に入会を希望されている歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士の方を対象に「歯科審美におけるインプラントの役割」をテーマにプレゼンテーションを行い、活発なディスカッションが行われました。


    来年は、富山で第10回となる記念すべき国際歯科審美学会(IFED)が国際会議場で開催されます。

    拡大鏡で精密治療を

    • 2016.01.10 Sunday
    • 14:41

    柳町岡崎歯科医院では、拡大鏡を用い、より正確な歯科治療を行っています。

    拡大鏡を用いる必要性は何と言っても大きく見えることです。

    目がいいからいらないとか、言われる先生もいらっしゃいますが一度使ってしまうともうなくてはならないものになります。
     



    上の写真のように裸眼と8倍の拡大鏡では見える歯の大きさが違います。

    そこにライトをつけることにより明るくなり見える情報は格段に増えます。

    勤務医時代に初めて3.5倍の拡大鏡を使用するようになり、4倍、8倍と徐々に拡大率を上げてきました。

    今使用してる拡大鏡は、業界シェアNo.1の最高性能テレスコープの、LEDライト付8倍の『サージテル』を使用しています





     

    柳町岡崎歯科医院の感染対策①

    • 2016.01.07 Thursday
    • 15:49
    柳町岡崎歯科医院のテーマの一つが『滅菌』です。

    患者さんが安心安全にしか治療を受けていただけるよう『世界基準の滅菌』を目指しています。


     

    当院では、歯科用の最新型のオートクレーブ滅菌器であるドイツ製シロナ社の「DAC Universal」 [ダック・ユニバーサル]を使い、患者さん一人一人滅菌したタービン、コントラ(歯を削る機械)を使っていただいています。



     

    精確な調査はありませんが、現在の日本では、患者さんごとにタービンの滅菌を行っている歯科医院は、10数パーセントしかありません。

    滅菌しているかどうかは、目に見えるものではありませんし、手間とコストばかりかかってしまいますが、何より大切なのは、

    「安心、安全な治療をおこなうこと」
     

    当院のコンセプト

    • 2011.01.25 Tuesday
    • 18:23
     

    当院では1.Communication 2.Relaxation 3.Health-ism 4.Clean 4つのコンセプトを基に診療を行っています。

     

    「歯医者は痛くなったら行くところ」と思われている人がほとんどだと思います。歯は、一度削ると二度と元の歯に戻ることはありません。治療を行えば噛むことは可能になります。しかし、削ることにより歯の耐久性は悪くなります。一番大切なことは歯が悪くならないよう予防することです。

    当院では、3Health-ismのコンセプトに基づいて、歯を治すことだけでなく、虫歯や歯周病にならないためのアドバイスを行い、生活の質の向上(Quality of life)をお手伝いしています。

    的確なアドバイスを行うため、定期的に院内勉強会を行っています。

    今日も院内勉強会を行いました。今日は歯周病についての勉強を行いました。患者様に的確なアドバイスが出来るようスタッフ一堂努めてまいります。
    勉強内容もこのブログで紹介していきます。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM