スポンサーサイト

  • 2016.08.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    半年以上根の治療を続けているのですが、いつまで続くのでしょうか・・・

    • 2016.07.01 Friday
    • 18:27

    先日当院に来られた患者さんからの相談で、半年以上根の治療を行っているがどうしたらいいかと言うことでした。

     

    患者さんによると、半年以上毎回15分程度の治療時間で、まず蓋を開け、根の中を洗浄し、薬を入れる治療を行っているとのことでした。

     

    症状について尋ねると、蓋をして薬を入れると歯茎が腫れ、膿が出てきて、今度は蓋を取ると症状が落ち着き、また、蓋をして薬を入れると腫れる状態が続き、良くなったり悪くなったりの繰り返しとのことでした。

     

    治療されている先生は患者さんのために一生懸命歯を残そうと努力されています。患者さんはまじめに治療に通われています。なぜこのような不幸なことが起こってしまうのでしょうか。

     

    日本には保険制度があり、低価格で気軽に治療を行うことができます。その反面、多くの患者さんの治療を行うことになり、限られた治療時間や治療器具の中でなんとか日々の治療を行っているのが現状です。そのため、画一的な治療を行うことになり、患者さんごとの症状をしっかり確認しながら治療を行うことができません。

     

    もし今回の患者さんがアメリカやヨーロッパなどで治療を受けていれば、症状が改善しなければすぐに専門医に紹介され、適切な処置が行われて数回の通院回数で治っていたと考えられます。

     

    日本では専門医に紹介するシステムがなく、患者さんが自分で探すか、運良く専門の先生に治療してもらうしかありません。

     

    今回の患者さんは一生懸命歯を残そうとした先生に治療してもらっていたため、歯の状態は良い状態ではありませんでしたが、なんとか歯を残すことができました。もし、すぐに歯を抜く先生に治療を受けていたら治療をすることはできませんでした。

     

    全ての患者さんで歯を残すことができるわけではありませんが、当院ではラバーダムを用いた無菌的環境での治療、マイクロスコープを用いた精密な治療を行うことにより、世界レベルの根の治療を行うことで今まで保存が不可能だった歯も保存することが可能となっています。

     

    マイクロスコープで精密治療

    • 2016.04.04 Monday
    • 16:03
    当院では、カールツァイス社製OPMI Pico with MORA のマイクロスコープを導入しております。




    マイクロスコープ(手術用顕微鏡)を使用する事により肉眼の4〜25倍に拡大したすることが可能です。
    以前ブログで紹介したルーペ(8倍)より拡大することが可能で、より正確でより精密に、そして安全な治療が可能となります。

    すばらしい診療道具であるにも関わらず、残念ながらすべての歯科医院にはありません。日本における普及率は5〜6%と高くありません。
    日本ではほとんど普及していないマイクロスコープですが、アメリカでは1998年に根管治療の専門医はマイクロスコープを使うことが義務付けられています。また、それ以外の治療においてもマイクロスコープを使うことが当たり前になってきています。






    柳町岡崎歯科医院では、安心、安全、精度の高い治療を行うため、「マイクロスコープトレーニングコース」など、マイクロスコープをルーティンに使いこなせる歯科医師を養成するための研修会に参加し、日々技術を磨いています。

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM