スポンサーサイト

  • 2016.08.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    根の治療を行うときは必ずラバーダムをお願いしてください

    • 2016.06.02 Thursday
    • 18:11
    今まで歯科医院で根の治療(神経を取る治療)を行ったことがありますか?

    50歳以上であれば最低1本は神経を取ったことがあると思います。
    そして不幸にして根の治療を行った歯を何度も治療を行い失ってしまった経験をされている方もいらっしゃると思います。

    なぜ、根の治療を行ったのに再び根の治療を行わなければいけない状況になるのでしょうか?

    アメリカにおいて、根の治療を行った歯の成功率は90%以上と言われています。
    しかし、日本において、根の治療を行った歯の成功率は50%以下と言われています。
    なぜ、現代においてここまで治療の成功率が変わってしまうのでしょうか。

    医療制度などいろいろ原因がありますが、決定的な差があります。
    それは何だと思いますか?

    それは、治療を行うときの環境の差です。
    90%以上の成功率のあるアメリカにおいて、すべての治療にラバーダムが使われています。
    しかし、日本では神経の治療に一部の歯科医院をのぞき、ラバーダムを使用していません。

    ラバーダムとはどのようなものでしょうか?
     

    ラバーダムの役割は、

    ①治療する歯へ唾液が入らないようにする

    ②薬液から粘膜を保護する

    ③舌をよけて思わぬ事故を防ぐ

    ④器具を誤って飲み込むのを防止する

    など色々あります。

    なかでもラバーダムが根の治療での重要な役割は、 ①治療する歯へ唾液が入らないようにしたり、②薬液から粘膜を保護したり、 と無菌的な状態での治療を可能にするということです。

    口の中には口腔内常在菌といって、500種類ほどの細菌が住んでいます。
    治療する歯を隔離して歯の中へ細菌が入らないようにするためラバーダムが必要なのです。

    もし、今通院している歯科医院でラバーダムをせずに根の治療を行っていたとしたら、根の中に細菌を送り込んでおり、
    治療というより、病気を悪化させる行為になります。

    柳町岡崎歯科医院では開業時からラバーダムをすべての患者さんで使用しており、良好な治療結果が出ています。

    現在通院中で何度も根の治療をしても改善が見られない場合、通院中の歯科医院でラバーダムの使用をお願いしてみてはいかがでしょうか。





     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM