スポンサーサイト

  • 2016.08.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    日吉歯科診療所EBDセミナー『カリオロジー』

    • 2016.08.08 Monday
    • 11:16

    2016年8月7日(日)に山形県酒田市の日吉歯科診療所においてオーラルフィジシャンEBDセミナー『カリオロジー(むし歯)』を柳町岡崎歯科医院のスタッフとともに受講してきました。

     

    日吉歯科診療所の熊谷崇先生は、36年にわたり酒田市において予防歯科を実践されており、最近ではNHKのプロフェッショナル、テレビ東京のカンブリア宮殿でも取り上げられた日本における予防歯科のトップランナーです。

     

    当院も5年前にオーラルフィジシャン(口腔二大疾患である齲蝕と歯周病に対して、検査に基づいて治療計画を立て、患者さんの口腔内を生涯に渡って、疾患の発症と再発を予防する人材)育成セミナーを受講し、治療中心の歯科医院から予防中心の歯科医院に変わることができました。

     

    熊谷先生の36年に比べると5年の予防歯科はまだまだ短い実績ではありますが、当院にて予防プログラムを実践している患者さんたち(子供)では、乳歯(子供の歯)で多くのむし歯になっていた子供たちも永久歯(大人の歯)に生え変わる時期を迎え、多くの子供たちでカリエスフリー(むし歯ゼロ)を実現することができています。

    また、大人の患者さんたちも治療を終わられてからもしっかりそれぞれの患者さんにあった予防プログラムを実践することにより治療後に再びむし歯や歯周病の再発を多くの患者さんで防ぐことができています。

     

    歯は一度むし歯になり削ってしまうと元に戻ることはありません。しかし、日本では保険制度により低価格でむし歯による痛みから解放されることができます。そのため、どうしても治療中心の歯科医療になってしまいます。日本の歯科医師は大学では予防技術より治療技術を学び、いかに上手に歯を治すかに夢中になり、患者さんも予防にお金をかけるより、痛みなどの問題が起こってから、早く痛くなく上手に歯を治してくれる病院に行く習慣が根付いてしまっています。

     

    今日の世界的な歯科医療においてむし歯を未然に防ぐことが最優先課題になっています。むし歯になるリスクを減らすことにより多くの患者さんの口の中からむし歯がなくなるのです。

     

    今回のセミナーではEBD(Evidence-Based-Dentistry)科学的根拠に基づいた歯科医療について多くを学ぶことができました。

     

    当院ではこれからも全ての患者さんに唾液検査などの検査をしっかり行い、日本の多くの歯科医院で行われているような画一的でインチキな予防歯科ではなく、患者さんのリスクに応じた治療計画、予防プログラムを作成し、当院の目標である『富山市民の口腔内を世界一する』を実現できるようスタッフ一同努力していきます。

     

     

    柳町岡崎歯科医院

    スポンサーサイト

    • 2016.08.17 Wednesday
    • 11:16
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM