スポンサーサイト

  • 2016.08.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    歯科医院の器具は本当にきれいなの?

    • 2016.08.10 Wednesday
    • 18:04

    2014年5月19日の読売新聞に歯を削る機器 7割使い回し・・・院内感染懸念

    という記事が掲載されました。

     

    あれから2年が経ちますが歯科医院の滅菌は改善されているのでしょうか。

     

     

     

     

    参考 読売新聞記事 2014年5月19日
    ★歯削る機器 7割使い回し…院内感染懸念

     歯を削る医療機器を滅菌せず使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性のあることが、国立感染症研究所などの研究班の調査でわかった。

     患者がウイルスや細菌に感染する恐れがあり、研究班は患者ごとに清潔な機器と交換するよう呼びかけている。

     調査対象は、歯を削るドリルを取り付けた柄の部分。歯には直接触れないが、治療の際には口に入れるため、唾液や血液が付着しやすい。標準的な院内感染対策を示した日本歯科医学会の指針は、使用後は高温で滅菌した機器と交換するよう定めている。

     調査は、特定の県の歯科医療機関3152施設に対して実施した。2014年1月までに891施設(28%)から回答を得た。

     滅菌した機器に交換しているか聞いたところ、「患者ごとに必ず交換」との回答は34%だった。一方、「交換していない」は17%、「時々交換」は14%、「感染症にかかっている患者の場合は交換」は35%で、計66%で適切に交換しておらず、指針を逸脱していた。

     別の県でも同じ調査を07〜13年に4回行い、使い回しは平均71%だった。

     

    2年前の新聞記事では歯を削る医療機器の滅菌についてのみでしたが、歯科医院ではいつも使うミラーやピンセットなどの器具から、歯を削ったりするドリルなど多くの器具、機材があります。

     

    当院では開業時から滅菌のガイドラインに沿った滅菌・消毒を行ってきました。

     

    今回、当院ではより患者さんに『安全で安心できる環境で治療をして欲しい』という考えのもと、世界水準の滅菌システムを導入いたしました。

     

     

     

     

    院内感染予防と患者さん・術者の安全のための柳町岡崎歯科医院のこだわりです。

     

     

     

    スポンサーサイト

    • 2016.08.17 Wednesday
    • 18:04
    • 0
      • -
      • -
      • -

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << December 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM